ローンとキャッシングはどう違う?支払方法?

キャッシング審査とローンは、事前に審査を受けカードを作っておけば必要になった時にいつでもお金を借りられる便利なサービスです。違いは返済の支払い方法でキャッシングが一括払いでの返済が一般的で、ローンは分割払いになります。
キャッシングとは、クレジットカードなどのカードを利用してATMやキャッシュディスペンサーなどをからお金を引き出せるサービスで契約内容によって引き出せる上限が決まっています。返済方法は翌月一括払いが一般的で、翌月の返済日までに借り入れた金額と利息を加算した金額を返済します。一括なので一度に支払う金額は大きくなりますが、返済完了までにかかる期間が一か月なので返済計画も立てやすく利息の計算もしやすいので手軽に利用できます。
次に、ローンは少ないものは数十万から大きいものは数百万まで借りられるので返済方法は分割払いになるのが一般的です。長期返済を前提にした金利設定になっていますが、借りては返済するのを繰り返してしまうと金利の負担が大きくなります。
このように2つの違いは支払い方法になるので、利用前にいくらお金が必要で返済はどうするのかを考えたうえでキャッシングは一括払い出来るような金額を借りたい場合や一括払いにしたほうが利息を抑えられて得になる場合に利用すると良いです。また、ローンは一括払いが難しい大きな金額を借りたい場合に利用し返済を分割にすることで負担を減らしないときに良いです。